みなさんは自分のカラダのにおいが気になった経験はありませんか?

わたくし事で恥ずかしいのですが自分自身の足のニオイがすごく気になって仕方がありません。

特に足の匂いがきになるのが、朝から晩まで仕事した後、みんなで飲みに行って、居酒屋で座らないといけないのが座敷、靴を脱ぐ瞬間に足のニオイが、広がって周囲に感づかれないか凄く気にしています。

ではどうして足から臭い匂いがするのでしょう。

原因は沢山あります。

一日中同じ靴を履き続けていて蒸れる。

靴がゴムやビニールなどの素材である。

靴が自分のサイズに合っていない。

などの靴に問題がある時もあります。

他にはクツシタです。

厚めのタイツなど空気を通しにくい素材のものとか、足に汗をかいた状態でソックスを履いている。

足が蒸れているのに、そのままの靴下を履いて替えていないとかです。

クツやソックスのほかにも足に問題を抱えているときは、足の洗い方が良くない、体を動かした後とかで汗が出るような状態である。

など原因は様々あるみたいです。

なのでそうした足臭対策としては、靴を丸洗いする、湿り気がなくなるように晴れた日にはクツを天日に干す、自分に合った正しいサイズの靴を買う。

などなど、自分だけでなく周りの人の気分を害さないようにしていく事が肝心です。

あんまり発汗する事のない寒い時期には、体臭がキツくなりやすいように思います。

ですから、冬には、体臭を不安に思う人が各世代にいらっしゃるはずなので、体臭ケアをマメに行う必要があると言えるのではないでしょうか。

真夏などの気温の高い時期には、それほど動かなくても汗ばんでくるので、臭いのケアには誰しも余念がないことでしょう。

逆に、汗を掻きにくい寒い時期は、体臭のケアをサボりがちになりますが、菌が汗によって取り除きづらくなって、却ってカラダの臭いが酷くなるとも聞いたことがあります。

適切に体臭のケアを実行する事と、寒い時期にも実施する事で、体臭の悩みは解消されると思います。

これからもっと汗の出る量が少ない冬時に、体臭が強烈になり悩む方が防臭対策をドンドン行うようになると考えられているため、いろんなやり方での体臭ケアが展開されていくでしょう。

「体臭」というものは、その人本人がしっかりと自身の臭いを意識できているかどうかで周囲への反応が決まってくるものと感じています。

「体臭」がない人間はいないでしょうし、生活するうえでは心掛けていかなければならないマナーだとも思っています。

そんなあたしは両足のにおいが強いいう自覚があります。

この事に気づいたのはこの間の夏で、仕事から帰ってきたワタシに姉が、「足、臭うよ」とはっきり言われたからでした。

何となく「足の蒸れ感」があるなという自覚はあったのですが、ニオイを放っていたとはちっとも気づきませんでした。

それを自覚してからはできるだけ足が汗ばんてきたらソックスを交換するようにしています。

だけど、少しでも「足臭」を出さないようにと思っていても足臭は根強くて、思うように消し去ることができません。

あまりにもひどい場合には専門医のいる所に行くしかないかもと思っているところです。

この何とも言えない足元のニオイを消し去ることができないか、毎日のように考えています。