現在、6歳と2歳の子供がいる者です。毎日毎日、それはもう育児戦争という言葉がぴったりなくらい、起きてから寝るまでが忙しくあっという間に1日が終わります。

そんな私が幸せを感じる瞬間は、子供たちが夜に寝静まってからのひとときです。
やっとゆっくりできる時間がこの時にかぎられているからこそ、本当に貴重に感じる時間なのです。

何をするのかというと、こっそりチョコレートを食べる、これだけです。
子供たちが起きている時に食べても、それはそれで美味しいのですが、一人の時間にゆっくり味わって食べるチョコレートの味に幸せを感じるのです。

冷蔵庫の一番上の、子供たちに見つからない場所に私のチョコレートコレクションはひっそりと隠されています。その中から、その日に食べたい気分のものをじっくり選んでいるときから、もう私の幸せ度はグングン上がっていきます。

こんな些細なことなんですが、これも子供たちが元気ですくすく成長してくれているおかげなんだなぁとしみじみしながら、今日も夜にはチョコレートを堪能するつもりです。