よく「誰かのためになりたい」とか、「人の役に立ちたい」とか、「人というのは誰かのために生まれてくるんだ」という話を聞く機会があります。私はそんな機会に遭遇するたびに、どこか違和感を感じてきました。

人から感謝されることが幸せだという人は多いでしょう。私もそれ自体を否定するつもりは毛頭ありません。でも人は誰かのために生まれてくるのではなく、自分の人生を生き抜くために生まれてくるのだと私は思っています。

「自分のために生きる」これが全てだと思っています。自分のために一生懸命に生きて、それがどこかで誰かのために繋がっていく。自分のためではなく人のためにが一番にきてしまうと、どこかに打算的な部分を感じてしまうのは私がひねくれているせいなのでしょうか。

「ありがとう」って言われると私も単純に嬉しいです。でも、思いがけずに言われた「ありがとう」って、格別に嬉しく感じませんか?
突然の「ありがとう」はサプライズです。そして私に小さな幸せを感じさせてくれる言葉でもあります。