独り暮らしが長く続くとどうしても体調の自己管理はすべて自分でしなければならない状況になります。単に風邪と言っても熱が出たり食欲がなかったりするととても心細くなります。
となるとなんとかして病気にならないように、風邪をひかないように、と前もって予防をしよう、という意識が芽生え始めます。

がんや他の成人病になるとまたこれも大変です。薬だけでなく食事療法や運動療法が必要になってきます。
病気にならないように未然予防が大切です。外出時の手洗い、うがいは必須。がん検診や人間ドックも定期的に受診するべきです。

日本人の死亡原因第一位は大腸がんや肺がんです。これらは定期的な検査を受けていれば必ず発見できます。
また「なんだかいつもと違う症状が長く続く」と感じると放置せず、必ず検査を受けましょう。
あとは日常的に負担にならない程度の軽い運動を続けることも大切です。体を動かすことで頭も刺激され、認知症の予防にもなります。